PUFFYがGAPの世界展開キャラクターに起用される

人気デュオPUFFYが、洋服ブランドGAPの世界展開広告キャラクターに起用されたことが25日、分かった。「GAP 2007 FALL広告キャンペーン」で、30日から全世界2000店舗以上でポスターが掲出される。同キャンペーンでキャラクターを務めるのはPUFFYのほか、アカデミー賞主演男優賞受賞の米俳優フォレスト・ウィッテカー(46)、米女優ルーシー・リュウ(38)、グラミー賞受賞歌手ジョン・メイヤー(29)、ドラマ「24」を手掛けたデイビス・グッゲンハイム監督(43)ら12人。

 選考基準は、それぞれの分野で世界的に活躍するセレブリティーで、強い存在感と個性を持ち合わせた人物。PUFFYは04年11月から米アニメ専門チャンネル、カートゥーン・ネットワークで放送されたアニメ「ハイ! ハイ! パフィー・アミユミ」が全米で人気に。160カ国で放送された2人をモデルとしたアニメキャラクターとともに人気を広げた点が「世界のセレブ入り」の決め手になった。

 ポスターを撮影したのは、米写真家アニー・リーボビッツ氏。ジョン・レノンの暗殺直前に、ジョンとオノ・ヨーコのショットを撮影し米雑誌「ローリングストーンズ」の表紙を飾ったことで知られる。撮影は今年5月、ニューヨークのスタジオで行われ、2人はスタジオに用意された大量のGAPの洋服から、偶然にそろって選んだボーダー柄でコーディネート。吉村由美(32)は「ほんのり、セレブ気分を味わえました」、大貫亜美(33)は「自分のことながら『PUFFYってすげぇえなぁ』と思いました」と語っている。


最近あんまり日本でみないと思ったらえらくアメリカでお二人は人気なんですね。それにしても世界展開のポスターに起用されるなんてすごい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。